女子なりに考えてみた

このブログは、けいちゃんとハチ子が気になるコトやモノを紹介する雑記ブログです。

喫煙者は就職できない時代へ!これから喫煙者はさらに生きづらくなる予感

f:id:harinezumi-no-hachiko:20190420095918p:plain

 こんにちは、けいこです♬

近年ますます喫煙者に厳しい社会になってきました。

かく言う私も禁煙派の一人。

しかし、昨日報道された「長崎大 喫煙者は採用しない方針|NHK 長崎県のニュース」には、ちょっと待てよwと思いました。

 

 

長崎大学 喫煙者は採用しない方針 

f:id:harinezumi-no-hachiko:20190420101119p:plain

東京オリンピックパラリンピックに向けて、受動喫煙対策が進む中、長崎大学は今後喫煙者を教員として採用しない方針を明らかにしました。

また、現在タバコを吸っている教員については、無料で受信できる喫煙外来を開設するなど、禁煙に向けた支援を行うことにしています。 

【参考元:長崎大 喫煙者は採用しない方針|NHK 長崎県のニュース

そもそもタバコは政府が奨励したもの?

f:id:harinezumi-no-hachiko:20190420100910p:plain

私の父の世代、60歳とかそれ以上って、新幹線でもバスでも、とにかくどこでもタバコを吸っているイメージがあります。

そもそも、タバコってなんでこんなに一般庶民に広がったのか?

とあるヘビースモーカーによると、そもそも一般国民がこんなにタバコを吸うようになったのは、戦後、麻薬や覚せい剤が横行する中、政府が別のものに”依存”させるためにタバコを奨励したらしい・・・。

(ただこの情報ネットで調べても出てこなかったです笑)

ゆとり世代から一言

最後のゆとり世代として、このタバコについて、なんだか他人事じゃいられないです。

だって、嘘か誠か、政府の方針でタバコを手に入れやすい、吸いやすい状況を作られて、吸ってしまったら依存してしまって、やめられない。

そして、今さら禁煙キャンペーン。

公共交通機関や飲食店なんかどんどん完全禁煙になって、もし私がヘビースモーカーならかなり生きづらい!

ゆとり世代も、勝手にゆとり教育にしたのに、ダメだとなった瞬間、詰め込みに一転。

ちょうどゆとりの最後だったので、浪人してた人なんかはセンターの試験範囲とか結構広がったんじゃないかな〜。

おわりに 

まあ、タバコも勉強も、結局は自分次第。

政府がどうこうってことじゃないと思います。

しかし、就職については流石にやりすぎてない?と感じました。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♩

p.s.

ツイッター&インスタグラムもフォローしていただけると喜びます!

けいちゃんのツイッターツイッターフォロー

けいちゃんのインスタ→Instagramフォロー

ついでに【女子なりに考えてみた】の読者登録もお願いします!

【女子なりに考えてみた】→読者登録する