女子なりに考えてみた

このブログは、けいちゃんとハチ子が気になるコトやモノを紹介する雑記ブログです。

毎年どこかで100年に一度の竹の花が咲いたってニュース聞くんだが・・・

f:id:harinezumi-no-hachiko:20190422100115p:plain

 こんにちは、けいこです♬

都市伝説って根拠もないのに不安になったり、ワクワクしたり、

聞いているだけで世界の闇を知ってしまった気分になったり(笑)

とっても面白いですよね( ^∀^)

そんな都市伝説では、”竹の花が咲くと不吉なことが起こる”と言われています。 

でも、なんか毎年見てる気がするんだよな〜…(笑)

 

100年に一度の竹の花が咲いた!

100年に一度咲くと言われる竹の花が咲いたニュース。

毎年どこかで咲いているので、なんだか不吉さが減ったような(笑)

でも、実際自分の近くで起こったら怖いですよね!!!

数十年から100年に1度咲くと言われている、竹の花が咲いた。

紫の茎のような部分が花穂で、その先から垂れているのがおしべ。

発見されたのは、神奈川・横須賀市にある一軒家。咲き始めたころは青々としていたが、日に日に枯れてしまっているという。

専門家によると、竹は花を咲かせ種を実らせたあと、その多くが枯れてしまうそうで、まさに、最後にひと花咲かせた形となった。

参照元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00010016-houdoukvq-ent

竹の花とは?

f:id:harinezumi-no-hachiko:20190422092015j:plain

参照元https://itouyaryokan.com/blog/1516.html

 竹の花はだいたい60年〜120年ごとに一回のペースで花を咲かせるそうです。

開花後は種がつき、その後竹全体が枯れて死んでしまいます。

子孫を残すために、残りの力を全て出し切って終わってゆく。

なんかカッコいいぞ。

なんで竹の花は”不吉”の象徴になったの?

f:id:harinezumi-no-hachiko:20190422094948p:plain

竹の花が不吉と呼ばれる由縁は、大きく2つあります。

花が咲くと全体が枯れてしまうから

1本の竹が開花すると、周囲にも伝染するように竹林全体が花をつけます。

結果、花が散ったあと全ての竹が枯れてしまいます。

急にそんなことが起こったら怖いですね。

今でもなぜそのようになるのか、メカニズムは分かっていないらしいです。

鼠を呼び飢饉を招くから

竹の花がつける実は野ネズミの餌になります。

すると、花を咲かせた竹の周りに野ネズミが大量発生し、急増した野ネズミが周囲の農作物、食料まで食べてしまいます。

インドではmautam(bamboo death)と言われており、破壊的な被害が発生しています。 

おわりに 

竹の花、実際近くで起こったらめちゃめちゃビビります(笑)

不吉になる!と自己暗示をかけないようにお気をつけ下さいm(_ _)m

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♬

 

p.s.

ツイッター&インスタグラムもフォローしていただけると喜びます!

けいちゃんのツイッターツイッターフォロー

ついでに【女子なりに考えてみた】の読者登録もお願いします!

【女子なりに考えてみた】→読者登録する