女子なりに考えてみた

このブログは、けいちゃんとハチ子が気になるコトやモノを紹介する雑記ブログです。

H29年度の東京都の予算〜保育園の補助金はどこから?〜

こんにちは、ハチ子(@hachiko_bloger)です(*⁰▿⁰*)

f:id:harinezumi-no-hachiko:20170926215002p:plain

この記事では、H29年度の東京都の予算〜保育園の補助金はどこから?〜について紹介します。

ハチ子は保育園で働いているのですが、都や区から結構たくさんの補助金を貰っています。(ただ補助金の支払いとして、法人単位にどーん!どーん!と降りてきているので末端の人間にはどうやって分配されているか知る由もありません・・・。) 

これだけ保育園に補助金回してるって、東京都は保育関係にどれだけ予算組んでいるんだろう?と疑問に思ったので、H29年度の東京都予算がどのようになっているのかまとめてみました。

 

  

東京都のお金の使い道は?

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171002215620p:plain

 

H29年度の予算案は「新しい東京」を目指し、以下の3つの視点で編成されています。

 

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171013065653p:plain

 

▶︎ダイバーシティ

 

▶︎スマートシティ

 

▶︎セーフシティ

 

 

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171013065653p:plain

 

保育のお金はこの中の「ダイバーシティ」実現のために組まれた予算のグループに入っています。

保育関連の予算も含め、「ダイバーシティ」実現のために組まれた予算の内容にはこんなものがあります。

 

ダイバーシティ」に含まれる予算案

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171002215620p:plain

・子どもと子育て支援:1,630億円

待機児童の解消に向けて、保育所等の整備を推進、人材の確保・定着に向けた取り組みに対する予算が組まれています。

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171013072633p:plain

 

保育園で働いているハチ子がもらってる補助金ってこの予算から出てるんだ〜。

 

ちなみに・・・

保育士等キャリアアップ補助と題して、保育士等に従来の補助金と合わせて一人当たり4万4,000円相当の賃金改善がなされる予定です。

確かに1ヶ月2万円ほど給料が上がりました!更に今後も、もう少し上がるらしい・:*+.\( °ω° )/.:+

ただ、園によっては年功序列補助金を分配する体制のところもあるらしいので、末端の人が4万円も給料が上がるかは疑問です。保育園で働くならしっかり補助金の確認もしたいところです。

 

・誰もが活躍できる社会と未来の人材育成支援:739億円

女性や高齢者が社会で活躍できるように支援する他、未来を担う子ども達の教育の機会を確保するために、給付型奨学金制度を整備するなどの予算が組まれています。

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171013072548p:plain

 

シルバー人材・・・確かに多いよね。

 ずっと社会と繋がりが持てることは、何歳であろうと人にとっては必要なことだし、都が社会的弱者の社会進出・社会と関係を持つ機会を増やしてあげるってことはいいことですね( ^ω^ )

 

ただ、一言言わせてもらうと、放置自転車や駐輪場で働いてるシルバー人材のおじいちゃんたち、あんなに必要か(゚∀゚)??笑

 

高齢者・障害者支援:826億円

高齢者や障害を持つ方の生活や就労への支援に予算が組まれています。

 

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171013072406p:plain

障害者支援の中で、企業と障害者団体の就労マッチングを促進する計画があります。

簡単な作業等に障害者の労働力を投入すれば、企業は少ない費用で運営でき、更に社会貢献もできるので一石二鳥ですね!

団体側も、障害者の社会復帰、社会生活の支援ができる利点があります。もちろん本人は給料がもらえるしね( ^ω^ )

 

余談ですが、ちびゴジラくんは以前、障害者就労支援の会社を経営していたんですよ〜(゚∀゚)(現在はすでに売却してますが。)なので、一度障害者就労支援の実際とかの話も聞いてみたいです。

 

 

誰もが生きやすい社会支援:168億円

トイレの様式化、バリアフリー化、動物の殺処分ゼロに向けた取り組みに対する予算が計画されています。

 

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171013072322p:plain

動物の殺処分ゼロってかなり難しい問題です。

以前、動物保護に興味があって色々調べたことがありますが、第一に日本にペットショップがある限り殺処分は減らないと思います。売れ残った動物は殺される場合があります:(;゙゚'ω゚'):

ヨーロッパなどの動物愛護先進国ではペットショップへの取り決め、飼い主への取り決めがかなり厳しいそうです。

動物愛護相談センターの整備を行い、動物達の保護環境を整えることや新しい飼い主への架け橋となる環境を整えること自体は良いことだと思いますが、それだけで殺処分ゼロを目指すっていうのは厳しいな〜とか思ったり:(;゙゚'ω゚'):

 動物大好きな政治家が現れて、何か良い政策を打ち立ててくれますように!

 

 

まとめ

f:id:harinezumi-no-hachiko:20171002215620p:plain

 

この記事では、H29年度の東京都の予算〜保育園の補助金はどこから?〜についてを紹介しました。

 

この記事からわかる事は以下の事です。

 

▶︎東京都の予算は「ダイバーシティ」「スマートシティ」「セーフシティ」の実現に向けて予算が決まっている。

 

▶︎保育事業の予算は「ダイバーシティ」実現のための予算に含まれており、保育事業には1,630億円の予算がつけられている。

 

▶︎「ダイバーシティ」実現のための予算の中には以下の事業も含まれる。

・誰もが活躍できる社会と未来の人材育成支:739億円

高齢者・障害者支援:826億円

・誰もが生きやすい社会支援:168億円

 

自分がもらうお金実際どんな予算から出ているのか、何を意図して付与されているのか知ると、そのお金に対する責任感をちょっと感じました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

じゃあね〜( ^ω^ )!