女子なりに考えてみた

このブログは、けいちゃんとハチ子が気になるコトやモノを紹介する雑記ブログです。

1回挫折した「せどり」だけど、メンターがいると全然違うぞ!って話

f:id:harinezumi-no-hachiko:20180403224257p:plain

こんにちは、けいちゃんです♪

プロフィールを見てもらうとよく分かるんですが、私は副業と呼ばれる類のものに色々手を出してきました。

せどり」もその一つ。

でも、一人で始めたせどりは結局続きませんでした。

しかーし!!

最近せどりのメンターと出会い、少しずつ「せどり熱」が再燃しようとしています!

今日は、独学でやる「せどり」とメンターがいる「せどり」で大きく違ったことを紹介したいと思います。

 

せどり」ってなに??

せどりとは何でしょうか?

実は自分でもよく分かっていない(笑)

ウィキペディアで調べると、こういう意味らしいです。

「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを生業とする人」を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉

確かに!

ただ、副業の「せどり」って後半の「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」ってところが、何となく悪目立ちしてる気がします。

でも「眠っている商品を欲しい人がいる市場に持っていく」という、いわゆる”仲介業者”的な面も、もちろんあります。

自分の時間と労働力を使って、リサーチをして、店舗に行って、マンガを何十巻も集めて、セットにして販売する。

これって結構大変なんですよ!

「安く買いたいけど、自分で集めるのはめんどくさい。」

こんな人のニーズを満たすために、せどらーはせっせと働いているんです。

せどり」が続かなかった理由

売れる商品ってなんだよ!?リサーチってどうやるの?

せどりをするには、まずどんな商品が売れて利益が出るのかリサーチしなくてはいけません。

大抵の人が、Amazonヤフオクで売れてそうな商品を見つけて、片っ端からモノレートやオークファンでチェック!って感じだと思います。

もちろんツールを使ってリサーチしている人もいると思いますが。

でも、片っ端からって途方もないですよね。

だってAmazonだけで商品登録数何個あると思います?

正確な商品点数のデータは分からないんですが、Amazonの取扱商品は2億点以上と言われています。

こんなとてつもないデータを全てリサーチするのは無理!というかしたくないw

なので、話題になっている商品とか元々人気がある商品に目星をつけてリサーチするのが良いと思います。

しか〜し、言葉では簡単に言えますが、トレンドに敏感じゃない私には「みんながお金を出してでも欲しい商品」を見つけるのが超絶下手クソでした。

もっと詳しく言えば、「出品者がそんなに多くなくて、仕入れ値と売値に差があって、確実に利益が上がる商品」を見つけるのが下手でした。

ま、こんなことが最初からできるはずないんですけどね😭

梱包の仕方?クリーニング?どうやるの?

リサーチして仕入れた商品を出品しよう!

けど、待てよ。

そうです、出品するには商品をマーケットに登録するのはもちろん、梱包や発送手続きをしなくてはいけません。

最近だと、Amazonヤフオクスマホがあれば商品を出品することができます。

(ここでは詳しく説明しませんが、出品自体はとても簡単なので興味がある人は調べてみてください。)

そして、出品した商品が売れたら梱包して発送です。

この梱包、そしてクリーニング。

実は結構重要なんです。

梱包がきれいだったり、クリーニングが行きとどいていると、それだけで商品と出品者に対する安心感が生まれます。

この安心感、信頼感が評価に繋がります。

でも当時の私は梱包やクリーニングの大切さを分かっていませんでした。

というか、独自の梱包の仕方で不恰好なまま出品してました。笑

(クリーニングなんて一切してなかったし😱)

商品が売れない・・・いつまで待てばいいの?

もーーーね!

待てない性格なんで、長期戦が苦手なんです!笑

出品した商品が1週間以内に売れないとドキドキ・ソワソワしちゃって。

1ヶ月経っても売れないなんてザラですが、一人でやっていると「本当にこんなに長い間売れない商品が売れるのか?」と不安になります。

また、「こんなに売れないんだから値下げしてとっとと売ってしまおう!」と、全く利益の出ない売り方をしてしまうこともありました。

 

メンターがいる「せどり」のメリット

自分のリサーチが間違っていないか答え合わせができる!

これ買おうと思うんですけど、どうですか?

とりあえず、毎週末に買おうと思ってる本リストを師匠に見せるのがルーティーンになってきました。

あとは、実際に仕入れに行った時に良さそうな商品があったらまず確認を取る!

初心者のうちは損益感覚が養われてないのでムダな仕入れが多いと思います。

でも、事前に師匠と打ち合わせたり確認したり、答え合わせをしてから実際に仕入れをすることができるので、必然的に損が少なくなります。

小ワザをたくさん教えてくれる!

小ワザって思ったよりたくさんあるんです。

せどり」の小ワザなんて、ネットで検索すればいくらでも出てきそうですが、実はそんなことありません。

梱包やクリーニングの仕方は、師匠がやってる方法ってネットで見たことないです👀

ビックリするほどきれいになるんだけどね!

だから、「ほとんどの人が知らないんだろうな〜」なんて思いながら作業してます(優越感w)。

あとは、テープの貼り方とか角をキッチリ折る方法とか、他にも色々あるんですよ😚

仕入れが安くなる!

安く仕入れて高く売る

ビジネスの基本中の基本です。

すごいせどらーは、この「安く仕入れて高く売る」をとにかく忠実にこなしています。

まず、安く仕入れること。

「よしせどりをやってみよう!」と思ったらどこで商品を仕入れますか?

狙う商品にもよりますが、ふつうはブックオフや量販店のセールなんかが一般的ではないでしょうか?

でも、稼いでいるせどらーは商品をより安く仕入れるルートを持っている場合があります。

うちの師匠もそうなんですが、1980円でラノベが50冊くらい入ったダンボールが一箱買えちゃいます。

なんと一冊39円。

もちろんハズレもあるけど、当たりもあるからおいしいですよね。

そして、うちの師匠は買取もやってます。

買取って安く仕入れるという観点でいうと、マジで最強なんです。

たとえば、昨日はアマゾンで4000円以上するCDを20円で買い取ってました(笑)

なんでそんな高いもの20円で売っちゃうの?!って思いません?

でも、売り手からすると不要品なんで、別に何十円でも現金に変わるならそれでいいんですよね。

少しでも高く売りたい人は、自分が売りたい商品をぜ〜んぶ調べて一番高く売れるところで売るのが理想です。

しかし実際はそんなことをする人ってほんの一握りで、大体の人が買取をやっているところに不用品をまとめて持って行っちゃうんです。

さらに面倒な人は、そのまま捨ててしまう人も多いですよね。

だから、買取ってどんだけ安くても結構売ってもらえるらしい。

こんな師匠がいると、結構いい商品を安い価格で横流ししてくれるんでありがたいです!

次に大切なのは、高く売ること。

高く売るために必要なことは色々ありますが、最近よく思うのが「信用の価値」の大切さです。

キンコン西野さんも「これからは信用持ちの時代だ!」なんて言ってましたけど、確かにそうです。

せどりで信用がない人が武器にできるものって、「安さや早さ」です。

でも、信用持ちになると商品を売るのに「安さや早さ」はそこまで重要では無くなってきます。

お客さんが信用持ちの人から商品を買う理由は「確実に届く、きれいな商品が届く、商品が大切に扱われている、アフターケアがしっかりしている」など。

信用持ちから商品を買う人は、ちょっとお金を多く支払ってでも、より良い商品を買いたい(けど相場より安く買いたい)人が多いです。

なので、少しくらい商品の価格を高めに設定しても売れるんです。

まあ、信用持ちになるのが大変なのでそこまで頑張りましょう!

おわりに

メンターがいるのといないのでは、やる気も成果も大違いです。

今まで「メンターなんて、いてもいなくても変わらないでしょ!」なーんて思ってましたが、成長のスピードが格段に違います。

ただ、たとえメンターがいたとしても、そこからお金を稼ぐには自分で行動を続けていくしかありません。

「自分で考えて行動する」これが全ての基本なので、忘れないようにしてくださいね👍

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

p.s.

ツイッター&インスタグラムもフォローしていただけると喜びます!

けいちゃんのツイッターツイッターフォロー

けいちゃんのインスタ→Instagramフォロー

ついでに【女子なりに考えてみた】の読者登録もお願いします!

【女子なりに考えてみた】→読者登録する